旅に出ました2

2日目は朝から気持ちの良い快晴です。初めて古川の町に宿泊しましたが、家が密集しているのにもかかわらず、すごく静かで驚きました。また、窓を開けているだけで涼しかったです。

朝は古川の町を散策しましたが、昨日の景色とは全く違います。瀬戸川の鯉もたくさん泳いでいますが、地元の方が鯉を定期的に移動させているそうです。

その後は、車で高山へ向かいました。本当は古川から高山まで鉄道(15分)で行こうと思っていましたが、昨日の大雨で当初予定していた温泉めぐりを高山の後に変更しましたので車になりました。

高山に来ると車やバイクは必ず駐車場に入れるしかありません。特にバイクの止められる駐車場はごくわずかしかありませんの、散策したい方は事前に調べて行かれるのが良いでしょう。

高山の町も人が少なかったです。昨日も雨、明日も雨の予報ですので来る人も少ないのでしょう。梅雨ですから・・・

宮川や本陣前の朝市にも行きましたが、年々露店が減っているのを感じます。昔はテントが設置できないほど連なっていたのですが、今は空きスペースばかりです。あと一番残念だったのが、この6月から漬物製造の基準が厳格化されたこともあり、これまでたくさん販売されていた自家製のお漬物がほとんどありませんでした。販売されていたのは、お土産屋さんに置かれているような工場で作られた会社のものばかりでした。

全国のニュースにもなりましたが、作る人の高齢化もあり、補助金を利用して設備投資するくらいなら廃業を選択された人も多かったそうです。お漬物は、その土地の魅力でもありましたが、こうして地域の伝統が消えてしまうのは悲しいものです。地元野菜の販売も少なくなりました。

今は露店でも、コーヒー・たこ焼き?・飛騨牛串焼き・・・など食べ歩きのお店が増えてきました。観光旅行で楽しむ方は良いと思いますが、私みたいな人間にはあまり魅力は感じないかな。
時代も町も変わっていくのですから、受け入れないといけないのでしょうね。のんびりと1時間半ほど町並み散策も楽しみましたので、午後からは平湯方面へと向かいました。つづく。